ブログを書いている私は、実はパソコンが苦手。。。

2018年4月10日のブログを更新します。

 

 いきなりですが実は私はパソコンがすごく苦手です。ブログをパソコンで書いているということもあり、パソコンが苦手には見えないと思いますが昔からとても苦手でした。

 

 パソコンでネットをしたりブログを書いたりすることはかろうじてできますが、エクセルですらもあまり自身がないし、フォトショップなんか絶対使えません。

 

 小学生の時に学校の授業で初めてパソコンを使った時は、大人の使うモノに触っている感覚が嬉しくてパソコンって面白いと思っていました。しかし、中学校に入って情報分析の授業でパソコンの専門的なことろに踏み込んだ時点でもう苦手になっていました。

 

 私が行っていた高校では卒業論文があり、手書きでは無くパソコンでの製作が必須でした。今となってはタイピングがスムーズにできますが、高校生の時はタイピングが全くできなくて、100文字打つのに約10分もかかっていました。高校の卒業論文は大学みたいに何万字以上書かなくてはいけないという規定は無く、原稿用紙5枚でよかったのですが、タイピングができない当時の私からしたら、原稿用紙5枚でも地獄のようでした。この時に私にパソコンを使いこなす才能は無いと確信しました。

 

 高校の卒業論文でもうパソコンは使いたく無いと思っていた私に、追い討ちをかけるかのようにパソコンを使う時がやってきました。それは高校を卒業し大学生になってからの大量のレポートです。この大量のレポートが本当に地獄で、高校の卒業論文なんて可愛いモノでした。14個ある授業でそのほとんどにレポート課題があり、レポートの提出期限もほとんど同じ日にちで、毎日がパソコンとの格闘でした。また授業のレポートによって、文字だけを書いたらいいもの、文字と図形を書かなくてはいけないもの、文字や図形にプラスして写真を挿入しなくてはいけないものなど様々で、パソコン音痴の私からしたら本当に大変でした。

 

 しかし、このレポート地獄を4年もしていたらタイピングだけは早くなりました。タイピングが早ければそれなりにパソコンができるように見えるものです。

 

 今となっては、ブログをパソコンで書いていますので、それほどパソコンに苦手意識はありませんが、パソコンの専門用語などは全くわかりません。

 

 しかし、今の時代はパソコンに強くなければ仕事ができないので、もう少しパソコンに強くなれるように勉強していきたいと思います。

 

今日は「ブログを書いている私は、実はパソコンが苦手」というブログでした。

 

スポンサーリンク