monomono-point

『モノ』をテーマに仕事効率化・自己啓発・ライフスタイルの向上など様々な情報を発信するブログです。私が考えるモノとは、「本から得た知識」「ガジェット」「便利グッズ」などを指します。このブログを読んで下さる皆様にとって、メリットとなる情報をたくさん書いていきたいと思っていますので、少しでも多くの記事を読んでいただければ嬉しいです。

雨の日。。

スポンサーリンク

2018年4月6日のブログを更新します。

 

 今日のブログは「雨」についてです。皆さんは雨の日は好きですか?それとも嫌いですか?

 

 私は雨の日が嫌いというよりかは苦手です。幼稚園の頃は雨が降ると道路に水たまりができ、その水たまりを友達と踏んで遊ぶことが大好きでした。

 

 しかし、小学校になると雨の日は運動場で遊ぶことができなかったり体育ができなかったり遠足が延期になったりと、楽しいことが雨のせいで奪われるたことなどから私は雨が苦手になっていきました。

 

 また小学校の頃は髪の毛が直毛だった私ですが、中学生になり体が成長していくにつれて、クセ毛になっていき、雨の日の髪型がまるでベートーベンのようになっていました。朝にどれだけドライヤーをして髪の毛をまっすぐにしても、学校に着く頃には雨と湿気で髪の毛がクルンクルンになっていました。これが本当に嫌で、雨の日は学校にいきたくないとまで思っていました。

 

               

 中学校の3年間を湿気と戦った私ですが、中学校を卒業し高校に進学する前に親の提案で美容院にいき、縮毛矯正をすることになりました。私が通っていた中学校は規則が厳しく、頭髪も地毛以外は規則違反になってしまい縮毛矯正ができませんでした。

 

 しかし、高校生になってもこのクセ毛と付き合っていく勇気は私には無く、親の言う通り美容院で縮毛矯正をしてもらうことにしました。縮毛矯正をしてからはまるで新しい人生が始まったかのよな気持ちになり、高校3年間はノンストレスで過ごすことができました。縮毛矯正を考えた人は天才だと毎日思っていました。

 

 ノンストレスで過ごせた高校生活でも雨を好きになるということはありませんでした。私は家から学校まで30分かけて自転車通学だった為、雨の日はカッパを着てびしょ濡れになりながら通学していました。30分も雨にうたれるというのはなかなか辛くて、カッパを着ていても制服は濡れるし体調も崩れるしと良いことはあまりありませんでした。

 

 高校を卒業して自転車通学から解放されても、大学生や社会人になって雨の日に傘をさして通勤通学するというのは、朝から憂鬱になります。

 

 祖父母にこの話をしたら、「年をとれば雨の良さもわかるようになるよ」と言われたので、私がもう少し年齢が上がり、雨の良さがわかるようになる日が来るのを待つことが、今から楽しみです。

 

雨の日が好きな人も、雨の日が嫌いな人もこれから梅雨に突入していく日本を頑張って乗り切りましょう!!

 

今日のブログは「雨の日」についてでした。

 

スポンサーリンク