そうだ、神社へ行こう!

2018年3月28日のブログを更新します。

 今日のブログは「神社」をテーマに、私が実際に神社で行っている行動を書いていきたいと思います。

 

 いきなりですが、皆さんは毎月家の近くにある神社に行っていますか?もし神社に行っていないなら、絶対にいくべきです。なぜ神社に行くべきなのか、今から説明していきます。

 

 まず、皆さんが神社にいく目的は様々だと思います。初詣に行く人もいれば、お祓いに行く人、何かお願い事をしに行く人、もしかすると神社のお祭りに行く人もいるかと思います。しかし、神社を訪れる回数は一般的に年2回か3回程度でしょう。これでは神社の神様に失礼になってしまします。何が失礼なのか。それは、感謝を伝えに神社を訪れる人が少なすぎるということです。

 

 皆さんは、神社を訪れた時に、お賽銭を入れて、鐘を鳴らし、様々なお願い事(例えば、お金持ちになれますように。宝くじが当たりますように。誰々さんと付き合えますように。など)をされるかと思います。しかし、神社とはそもそもお願い事をする場所では無いということを皆さんはご存知でしたでしょうか?知らなかった方はこのブログを機に知って頂ければと思います。

 

 神社とは、日頃の何事もなく健康で過ごせていることなどへの感謝を神様に伝える場所になります。神様は願えば、願い事を叶えてくれるという認識を持っている人は、この機会に考え方を改めることをオススメします。

 

 ではなぜ、願い事ではなく感謝を伝えるべきなのか。それは、神様は何でも屋さんでは無いからです。日頃から健康で暮らせているのは、神様が空から見守ってくれているからです。人はそのことへの感謝を神様に直接いうことができないので、私たち人間と神様を繋いでくれる、「神社」という場所に行くのです。これで神社に行く目的を、願い事から感謝へ変えられたかと思います。

 

 では、どのくらいの頻度で神社に行けば良いのかを教えます。それは毎月1日に行くことをオススメします。これは、新しい月を無事にむかえられたことを月のはじめに伝えることが神様に対して想いが届きやすいからです。

このブログを読まれた方はぜひ、毎月1日に神社へ感謝の気持ちを伝えに行ってみて下さい。

スポンサーリンク