monomono-point

『モノ』をテーマに仕事効率化・自己啓発・ライフスタイルの向上など様々な情報を発信するブログです。私が考えるモノとは、「本から得た知識」「ガジェット」「便利グッズ」などを指します。このブログを読んで下さる皆様にとって、メリットとなる情報をたくさん書いていきたいと思っていますので、少しでも多くの記事を読んでいただければ嬉しいです。

「モノにこだわりをもつ=身軽になる」

スポンサーリンク

2018年3月27日のブログを更新します。

 今日は、「モノにこだわりをもつ=身軽になる」というテーマをもとにブログを書いていきたいと思います。いきなりですが、皆さんはモノにこだわりはありますか?モノといっても色々ありますよね。例えば、靴やカバン、財布や洋服、他にもありとあらゆるモノがこの世の中には溢れかえっています。そこで、私が今回のブログで伝えたいことは、ちゃんとモノにこだわりをもっていますか?ということです。

 

 いきなりですが、皆さんの周りに次から次へとモノを購入している人はいませんか?また、あなた自身お店に足を運べば、「これ可愛いなぁ~」の一言ですぐに購入してしませんか?そして家に帰ってから買ったものをみて、なんで私はこんな物を買ってしまったのだろうと反省する人も少なくないはずです。この文章を読んで、身に覚えがある方は、「モノにこだわる」という生き方がまだできていない方です。

 

 「モノにこだわる」とは、財布なら最低でも2年以上、革靴なら10年20年、もしくは一生でも履き続けることができます。その他の洋服やカバンでも同じことが言えます。

 

 私がここで皆さんに伝えたいことは、モノを持つということは「量より質」ということです。買い物に行けば使うかわからないモノまですぐに買ってしまうというのは、あまりオススメしません。何故ならば、用途不明のモノは購入しても必ずゴミの日に燃えるゴミとして処分してしまうからです。これでは、モノもお金も勿体無いですよね。

 

 では、そうならない為にはどうしたらいいか。答えは簡単です。それは、モノにこだわりをもつということ。自分の持ち物や身につけるモノにこだわりを持ってください。それだけで、無駄遣いも無駄買いも無くなります。

 

 モノにこだわりを持ったことが無い人はどうしたらいいか、それを今から具体的に説明していきます。まずは、家あるいは自分の部屋にある物で1年以上使って無いものを処分してください。もう着れなくなった服や思い出の物でも1年以上使ってなければ、迷わず捨ててください。思い出をずっと残しておくと、家が太っていくばかりです。まずは、家と自分自身(体重ではなく、自分の持ち物)を軽量していくことが大切です。

 

 それができた人は、次に同じ物が2つ以上ある(ポーチや電源ケーブルなど)場合は1つになるまで減らして下さい。ここまでできれば、ようやくモノにこだわる準備ができます。家にたくさんの物があれば、人はもっともっと物を増やしたいと無意識に思ってしまいます。しかし、家に物が少なければこれ以上モノを増やしてはいけないという考えに自然となっていきます。人は不思議なことに物が少なければ、モノへのこだわりが自然と出てきます。これは、「モノを増やしたく無い=1つのでもモノを長く使えるモノが欲しくなる」という原理が生まれるからです。こだわりを持てばモノに愛着がわき、愛着がわけば無駄買いも無駄遣いも急激に減ってきます。いきなり全ての持ち物にこだわりを持つことは難しいので、まずは1つなんでもいいのでこだわりのあるモノを持ってみて下さい。たくさんのモノに支配させる生活から抜け出せるはずです。

 

今回は、「モノにこだわりをもつ=身軽になる」というブログでした。

スポンサーリンク